工事をしてくれる業者と契約を結ぶ

どんな内容の契約書なのか

工事に関しての決まりが、細かく契約書に書かれていると思います。
また、キャンセルについても記載されていることが多いです。
やっぱりオフィス改装を中止したいと思っても、契約書を書いた後はキャンセルできないことが一般的です。
どうしてもキャンセルする場合は、キャンセル料を支払うことになるでしょう。
キャンセルする際に発生する料金を、しっかり確認しておきましょう。

本当に良いと思ったら、契約してください。
契約書を書く前であれば、まだ依頼を断ることができます。
考え直すと、他の業者の方が良いと感じるかもしれません。
契約書を書く段階に進んでいても、遠慮しないで断ってください。
本当に良い業者を見つけて、契約書を書きましょう。

こちらから条件を加えることもできる

業者から契約書を出されますが、こちらにも工事をする時に条件があるかもしれません。
きちんと契約書に書いておかないといけないので、条件を追加しましょう。
自分で契約書を作成するのも、おすすめの方法です。
業者とこちらで決めたことは、書面に残すというのが大事です。
書面に残っていれば、約束と異なる工事をされた時に証拠として活躍します。

契約書を書く前に、業者と話し合ってください。
お互いが納得できれば、契約書を書いて工事に進むことができます。
自分が納得していないのに、無理やり契約書にサインさせようとする業者が見られます。
契約を急かす業者はおすすめできません。
判断を間違えないために、ゆっくり話し合うことが大切です。